煙草はなかなか止めることができませんね。では何故あなたは煙草が手放せないのでしょうか。ヘビースモーカーだった方が煙草を止められた秘訣を元に禁煙成功への道を辿ってみようと思います。

禁煙を失敗したならJTがすすめる

喫煙している人はまるで理性が無い人間であるかのように思われていて、もちろん自分の体にも周りの人にも、ニオイや、副流煙というもので迷惑をかけるだろうことは、否応なしに分かってきて、禁煙をしなくてはいけないと思うのです。そして1人で心に決めているだけでは、禁煙ができる自信が無く、周りの人に禁煙を始めることを言ってみたりするのです。JTのパッケージにさえ、気をつけるように書いてあるのを見るにつけ、いつかは禁煙をしなくては駄目だろうなと思っていたのです。家に居てもタバコを吸う場所を決められてしまうほどになってしまったりするのです。まして、外出した時に一服する所を見つけるのが難しいほどにまでなってしまいました。いよいよ、決心して、この箱が無くなったら禁煙だと意気込むのですが、結局、失敗です。今度こそ、これでやめるからとまた一箱買ってしまいます。JTのコマーシャルを見て、ああ、あのように喫煙と禁煙がお互いの立場を尊重しながらいけばいいんだ、と自分の失敗をすっかり忘れてしまうのです。そして自分自身の意志の弱さというのか、ニコチン中毒とでもいうのか、そこから脱出することに挑戦することにいつも失敗してしまうことに気持ちがめげてしまうのです。それでは本当に体に良いのだろうかと思い始めます。禁煙をできない自分を責めてしまうようになると、自然と元気が無くなります。いつもぼんやりしてしまうような状態で仕事にまで差し支えるようになるのです。それでは本末転倒になります。JTが推奨しているように、人に迷惑だと分かるようなところでは喫煙をしないのだと自分を戒めて行くことが、1番失敗の無いことのように思うのです。